おせち 地方 違い

全国のおせちの違いについて

 

おせち料理と一言で言っても、その地方によって様々な特色があり、料理も異なります。

 

 

特に、関東と関西では料理の内容も含め、味付けも異なってきます。

 

この違いは、江戸、上方と呼ばれていたころからの文化の違いからきています。

 

 

おせちには縁起の良い食べ物を入れるものですが、この縁起の良い食べ物というのが関東と関西では異なります。

 

 

かずのこは、子孫繁栄、子宝に恵まれる。

 

黒前は、厄除け、長寿、健康などの意味が込められています。

 

これらの料理は西も東も共通ですが、関東はこれにさらに田作りが加わり、関西ではたたき牛蒡が入ります。

 

 

またこれ以外にも、東日本では、おせちに栗きんとん、伊達巻、紅白蒲鉾などが入ることが多いですが、西日本では、ごまめ、海老煮、くわい煮、棒鱈などが入ることが多いですね。

 

 

全国のおせち違い、特徴

 

 

北海道

 

北海道は海に面している地域が多いため、魚介類の種類が豊富です。

 

とくに新年を祝うおせち料理には、豊かな海産物を多く取り入れるのが特徴です。

 

 

また、北海道では口取り菓子という、お正月料理をかたどった甘い練り菓子お菓子も定番です。

 

 

東北地方

青森などでは、タラや鮭を卸した時に出る頭や内臓、少し肉のついた骨などのアラを使って野菜などと煮込んだ「じゃっぱ汁」など、体の温まる温かい汁物が定番です。

 

また、秋田では郷土菓子の一つ、豆腐を加工して作る「豆腐カステラ」が人気です。

 

 

関東地方

おせちの産地が揃っている関東では、その地域によっても入っているものが異なります。

 

茨城ではでは、甘露煮、千葉県では海藻、栃木ではイモ串、埼玉ではクワイが有名です。

 

 

中部地方

山も海もある中部地方では、山海の幸がたっぷり使われたおせち料理が多いです。

 

サトイモや人参、牛蒡などの根菜類から、鶏肉、銀杏、貝柱、イクラなど贅沢な素材がたっぷり入っているのが特徴。

 

また、石川県では、古くからお正月やお祭りなどに作られる、溶き卵を寒天で固めて作った「べろべろ」も有名です。

 

 

近畿地方

かつては日本の中心の近畿地方は、私たちが一般的に知っているおせちの基本ともいえます。

 

 

それ以外にも、

 

正月の3が日にはただ睨むだけで食べることはできない「睨み鯛」

 

日持ちする棒鱈

 

当時の保存食でもあった鮒寿司

 

なども近畿地方のお正月料理の定番ともいえます。

 

 

中国、四国、九州地方

海に囲まれた中国、四国、九州地方のおせち料理は、海の幸がたっぷり使用されています。

 

ぶり、くじら、ナマコを使った郷土料理はこの地方の定番で、豊作を祝って昔から食べられていました。

 

 

地域ごとのおせちを楽しむには

 

おせち料理は、その地域によって入っている料理や味付けなども異なりますが、全国共通して言えることは、やはり縁起の良い物を手間暇かけて作られるという事です。

 

 

一般の家庭で、色々な地域のおせち作るのはとても大変ですよね。

 

たまには別の地域のおせちも食べてみたい、という方は、通販おせちがお薦めですよ。

 

各地域の特徴を生かした伝統のおせちが味わえたり、子供から大人まで楽しめるおせちなど、様々なものがあります。

 

 

味の好みはあるでしょうが、いつも同じ、毎年同じ味付けというのには飽きてしまった方は、是非一度、おせちの通販を試してみてください。

 

その地方の特産品などもによって、お正月に食べるものは異なってくるので、ご自身の慣れ親しんだおせちを食べるのも良いですが、たまには違うものを、という方は、是非通販おせちで、全国の珍しいおせちを頼んでみてはいかがでしょうか。

 

 

新しい味の発見があるかもしれませんよ。

 

 

 

匠本舗のおせち予約はこちらから

 

▼ ▼ ▼ ▼

 

【匠本舗】どんどん売れる<料亭おせち>


ホーム RSS購読 サイトマップ